【週間日記】12月18日~24日 雨模様&クリスマスとか忘れてた

上海生活あれこれ

 

本格的な冬に突入した。先週から急に気温が下がり、毎日とても寒く感じる。

週間予報を見たら、最低気温がマイナスな日が続く予想だった。

こんな気温、ここ数年であったかな?

 

スポンサーリンク

12月18日 寒い朝と散々な夜

天気は雨、日中も気温が一桁という寒い一日だった。

この日は夜に会食がある日で、地下鉄とバスの乗り継ぎで仕事に行くので、コート、マフラー、手袋など完全防備で外出した。

 

仕事して、会食が終わるまでは比較的順調だったが、最後の帰宅の段階で面倒な人たち(酔っ払い)に絡まれてしまった。

元々会食場所から家までタクシーで帰るつもりだったのに、中国側に捕まって車があるから一緒に乗って帰ろうと言われてしまったのだ(中国側の一人がご近所さんだったので)。

中国側は親切で言ってくれるのは理解するが、同乗する人が私よりも偉い人たちばかりで、私が送ってもらえるのは最後の最後。

しかも途中で同乗者の一人がトイレに行きたい、ヤバイと言い出し(酔っ払ってるから制御不能)、道中で見つけたKFCで降ろすなどして時間のロスが発生。

タクシーで直帰だったら20分もかからない距離が、1時間以上かかってようやく帰宅できたのだった。

この話、もっと泣けるのは、途中下車組からまもなく電話があり、迎えに来るのは時間がもったいない(路駐できる場所がなくて周囲を徘徊中だった)、自分たちはトイレを済ませたら別でタクシーで帰るから、車に置いたままにしてる荷物を明日会社に持ってきてくれと言われて、「は?」となり。

 

時間はかかるわ、重い荷物を預けられるわで散々な月曜になってしまった。

まだ週の始めなのに、疲労困憊で1日を終えた。

 

スポンサーリンク

12月19日 あと1ヶ月で帰れる!

今週が終われば今年の大事な仕事がほぼ片付く。

1ヶ月後には一時帰国できる。あとちょっと、頑張ろう。

 

前日は会食の通訳があり、家族の食事は義母のお友達が来て作ってくれることになっていた。

デリバリーするよりはマシだし、上海人のお友達だからと期待してたのだが、残念ながら家族の口には合わなかったらしい。

下の子が「豚肉がハチミツみたいに甘くて食べられなかった」と言ってて、どんだけ砂糖入れたのかわからないけど、家族の話を聞いて、他人に料理を提供してもらうことの難しさを感じた。

 

今日も、明日も、明後日も、毎日食事の献立を考えるのがめんどくさい。

我が家は食事に関わる仕事の負担が全部女子に降りかかってて、不満極まりない。

 

今日は冷凍庫にある酸菜魚を解凍して、えのきとか家にある野菜を適当にぶっこんで鍋風にしようかな、、、とか仕事中に食事のことばっかり考えてて、仕事が進まん(急ぎの仕事はないけど)。

 

午後は週間日記の仕上げと溜めた新聞にざっと目を通した。

アジア版12月7日の9面で気になったのが、「年金で株式投資 上限上げ」という中国関連記事だ。

アジア版12月7日の記事

 

中国の年金も日本と同じく現役世代が支えているのが実態で資金がそれほど潤沢な訳でもなく、将来は年金が少なくなるorもらえないかも知れないと心配する人は少なくない。

そんな中で、株式市場をテコ入れするため、経済を下支えするために、年金基金の株式投資額の上限額を引き上げるという。

最近の上海証券総合指数は3000を切り、冴えない値動きが続く中、こんな大事な資金を株式市場に投入して大丈夫なんだろうか。

 

数年後にこの日の日記を読み返した時に、年金の心配は取り越し苦労だったと笑える日々が来るといいのだけど、中国の株式市場が冴えない理由が中国という国の構造そのものにあると感じている私にとっては心配の方が大きい。

 

スポンサーリンク

12月20日 小象スーパー(旧美団)オススメ品

昨年のロックダウンで美団スーパーに助けられて以降、私が台所仕事を引き受ける際は、基本的に美団(12月から小象に名前が変わった)で注文している。

使い始めた当初は品揃えや品質がフーマに劣ると感じることがあったが、最近は品質が向上し、品揃えも良くなってきてて、今後も我が家の食卓で大活躍しそうだ(牛肉類がもう少し頑張ってくれたら最高!)。

 

先日は冷凍ししゃもをエアフライヤーで焼いたが、とてもおいしく食べれた。

義母はししゃもが好き

300g入りで20.5元、これはリピ確定。

 

崇明島産のお米もなかなかだった。5kg入りで39.9元(割引で27.9元で購入)

「象」シリーズ(小象スーパーのPB)は当たりが多い印象

 

同じくPBの象大厨シリーズのラムチョップ。250gでラムチョップが3本入って38.8元。

焼くだけで豪華なおかずになるラムチョップは我が家の定番

味付けも普段私が使うハーブミックスに近い味で、お肉も硬くなくまた買いたいと思った。

 

太ると解っていながらコスパに惹かれて何度かリピってるのがこのチーズケーキ。

お世辞なくコスパ最強だと思う

好利来のチーズケーキが5個入りで39元するのに対し、こちらは4つで15.8元。

これはやめられん。

 

惣菜類がフーマに劣るのが残念だけど、実店舗のないネット専業だから仕方がないか。

 

12月21日 寒すぎてしんどかった日

この週はとにかく寒くて仕事部屋から食堂までの道のりすらしんどかった。

会社付近は市内よりも寒くて、朝の最低気温は-5℃。上海で零下が続くのはこれまであんまりなかった気がする。

 

下の子の学校は教師たちの頭がおかしいのか、教育局が馬鹿なのか、エアコンの使用を極力控えると言われてて、極寒の中で授業を受けていると言っていた。

 

1クラスあたりの子どもが多いから、教室内は人の熱気である程度の温度を保ってるっぽいが、節電と子どもたちの健康を天秤に掛けられているようで納得いかない。

 

そう言えばウチの会社も製造業だからか、省エネ節電に関してはかなりうるさい。

新聞記事で足元の電力需要が過去最高だと読んだが、今年は特に需要が逼迫でより厳しい対応をさせられている。

 

執務室の暖房の設定温度は20℃を超えてはならないとの通知が出されて職員からブーブー文句が出てたが、報道で他の一部エリアでも同様の通達が出ていると知った。

てっきり、ウチの会社のエネルギー部門が勝手に出した通知だとばかり思ってたが、そうじゃないらしい。

省エネだの低CO2だの言ってるが、足元石炭の需要が高まってるし、今年は空気が悪くなるかも知れない。

あちこちで風力だの太陽光だのクリーンエネルギーの発電スポットが建設されてるみたいだけど、クリーンエネルギーを創り出す為の環境破壊が何とも恐ろしい。

世の中、矛盾ばかりだ。。。

 

12月22日、23日、24日 冬至とクリスマスがいつの間にか過ぎてた

この3日は忙し過ぎてあまり記憶がない。

22日は冬至だったこと、午前に会議したことは覚えてる。

夕飯に何食べたかは忘れた。(我が家は冬至に餃子を食べる習慣がない)

 

この日の夜は、環宇城という新しいショッピングセンターに行った。

このご時世にあの人手を多いと言うのか、少ないと言うのか判らないが、私の個人的な感想としては思ったより人がいたと感じた。

あるメディアが小売業の売上が回復していると伝える一方で、中国が発表するデータは虚偽データだと伝える外国メディアもある。本当はどっちなのかは判らない。

 

翌土曜日は上の子が午後からまた体調を崩し、嫌な予感。

下の子はクラスメイトと映画を見る約束をしてて、旦那に送迎を頼んだ。

 

昼:糖醋小排、清炒杭白菜、麻辣鱼片(Samsの)、あと何か作った気がするが忘れた

夜:潮汕牛肉火锅(スープとお肉がセットになったもの+自分でお肉やらセンマイを追加)、凉拌蕨根粉

 

日曜、上の子の調子がやっぱりおかしくて、午後から病院へ。

肺炎手前の気管支炎ってことで点滴することになった。

 

お薬の特性上、この点滴はゆっくりじゃないと腕が痛くなるとかで、むっちゃ時間がかかった。4時間くらい病院にいた。

 

旦那と下の子はダンス&デート。服を何着か購入したらしい。

 

昼:韩式拌饭、鲫鱼豆腐汤

夜:点滴で食べてられなかった。病院でマクドのポテトとマックナゲット、家に帰って水餃子とか昼の残りを食べた。クリスマスの欠片もなかった。

 

ちょっと疲れた。

さすがに休みたい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました