上海生活あれこれ

【2019年秋】VPNを使わない、使えない人でも使える日本語検索サイト3選

2019-09-14

 

こんにちは、しゃんはいさくらです。

皆さんは普段調べたいことをパソコンで検索するときにどの検索サイトを使っていますか?

家のパソコンはVPN接続できるように設定しているのでGoogleかヤフー検索をしているのですが、一番検索頻度の高い会社のパソコンではVPNが使えないので、若干不便を感じています。

が!

まだ生き残っているサイトがありますので、今日はその紹介をしたいと思います。

現在中国大陸で使えない検索サイト

現在、中国大陸では通常の接続方法では以下の検索サイトが使えません。

Google検索 

ヤフー検索 (ショッピングも使えなくなりましたね・・・)

Goo検索 (昨年まではここにお世話になってました)

エキサイト検索 

ライブドア検索

インフォシーク検索(楽天系サービスも全滅・・・)

ビッグローブ検索

トップページには繋がるけど検索結果が出てこないページが多いですね。Gooのようにトップページそのものに繋がらないサイトもあります。

 

現在中国大陸で使える日本語検索サイト

VPN接続を通じずに使える日本語検索サイトは以下のとおりです。

  • MSN(bing検索)

URL:https://www.msn.com/ja-jp

会社のパソコンで使用頻度が一番多いサイトです。個人的にはbingの検索結果はあまり好きではないのですが、gooが使えなくなったので仕方なく使ってます。

  • So-net

URL:https://www.so-net.ne.jp/

今回の記事を書くにあたり調査していた過程で使えることが解ったサイト。後にも書きますが、検索結果も良さそうだったので、今後しばらく使ってみて使い勝手が良かったらbingからこちらに乗り換えようかと思っています。

  •  dgso!検索(今回初めて知ったページ)

URL:https://jp.dgso.cn/

百度検索をしている時に偶然見つけた中国発の日本語検索サイト。正直得体の知れないサイトなので深くは利用していませんが、他のサイトがダメになった時の保険用として覚えておいて損はないかと。

※dgso!トップページ

 

中国で使える検索サイトの検索結果比較

①【しゃんさく】

こんなキーワードで皆さんは検索しないと思いますが、どんな結果が出るのかを見てみたく「しゃんさく」の検索結果を比較してみることにしました。

(bing)

※国際版での検索結果

(so-net)

※日本語のみの検索結果が出てくる

(dgso!)

※検索結果は普通。

検索結果数で見ると、bingが22.4万件、so-netが253万件、dgsoはなんと3,110万件とのことでした!(数字の信憑性については言及を省きます)

「しゃんさく」で検索すると筆頭にこのサイトが結果に出てくれて嬉しいです。

コツコツと記事を重ねてきたことが功を奏してるのでしょうか?それともこのパソコンで記事を投稿しているので、自然とこういう結果が出てくるのでしょうか?

なお、どの検索サイトでも本家サイトが検索結果のトップに表示されていますが、それ以下になるとそれぞれ結果が異なっています。面白いですね。

しゃんさくチャイニーズか。懐かしいなぁ。今は人に中国語を教えるパワーがないので、ずっと放ったらかしにしています。スミマセン。

 

②【マイナンバー 海外在住】

海外在住者にとっては大事なキーワードです。こちらでも検索結果を比較してみました。

(bing)

(so-net)

(dgso!)

検索結果数では、bingが1060万件、so-netが8.5万件、dgsoは180万件とのことでした。so-netが意外と少ないなあ。。。

ちなみにこのキーワードを使いVPNが使えるiPadでGoogle検索してみたところ、検索結果の順番はso-netと同じでした。

そしたらso-netはGoogle系の検索システムを使ってるのかも!?と期待が沸いたので、「しゃんさく」でのGoogle検索の結果を見てみたら、dgso検索結果に一番近くて「何のこっちゃ???」。

ITに詳しい方ならこのあたりの仕組みをきっとご存知なんだろうと思いますが、私にとっては不思議な現象としか言いようがないので、何とも判断できません。どうなんだろう?どの検索サイトが優秀なんでしょうか?

 

まとめ

so-net検索は広告が出てくるという難点があるものの、サイトの運営者がソニーットワークコミュニケーションズという日本の会社さんなので、日本語検索する上では安心して使えると思いました。

大きな会社としてはbingも有力なのですが、グローバルに展開している為、中国国内で漢字で検索すると、結果に台湾や香港の繁体字サイトが出てくることが多く、ひらがなを入れないと純粋な日本語サイトにたどり着けないというデメリットがあります。

また、dgso!検索はbingの「b」のロゴをちょっと弄っただけのデザインが不安にさせるし、会社の正体が不明で情報搾取などの心配がある点が使いにくいところですが、広告が出ないし、検索結果にも不満はなかったので、どの検索サイトもNGになった時には、十分に使える価値があると思いました。ドメインが「.cn」なので規制の標的になりにくいはず。

逆に個人情報満載のスマホやタブレットではちょっと怖くて使えないかな。。。あくまでも個人の感想ですが。

 

以上、現在中国で使える日本語検索サイトについて考察してみました。

他にも使える検索サイトをご存知でしたら是非コメント下さいね。お待ちしています。

 

 

スポンサーリンク



役立つ情報盛り沢山!
他の上海ブロガーさん記事はこちらから↓
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

しゃんはいさくら

2004年~大連留学を経て、2005年~上海在住。 現在、夫、日中MIX子ども×2、義母の5人で生活してます。 会社でも家庭でも中国人に揉まれながら、のらりくらりとやってます。

-上海生活あれこれ

© 2020 しゃんはいさくら