上海生活あれこれ

もはや「運」にかかっている!?コロナの魔の手

2022-03-04

 

こんにちは。

 

上海でまたコロナの陽性事例が多発し、私の周囲でも突然の封鎖に見舞われる人がポツポツ出始めています。

 

その棟だけの48時間隔離ならともかく、突然の小区14日間封鎖となるとその影響は本当に大きく、家族の仕事、学校、食事問題etc...を考えると頭が痛い。。。

 

先ほど14時からの記者会見を観てましたが、自分の知っている通りの名前が出てきてドキッとしてしまいました。

 

会社からも活動自粛要請とも取れる微妙な指示が出され、週末のスーパーへの買い出しは見送った方がいいのかもと思ったりしてます。。。(コストコに行って会員やめる手続きをするのとカルフールの三八セールに参戦しようと思ってたのです)

 

みんな普通の生活をしてただけなのに、思わぬところで感染が広がってしまうコロナの恐ろしさ。

重症者が出ていないとは言え、中国はゼロコロナ政策で徹底的に芽を潰そうとしているので、突然の検査お呼び出しやドナドナが常態化してて、なんだか運だめしのよう。

 

私は今年に入ってから既に2回、濃厚接触者に関わる強制検査の対象になっていて、他人事と思ってはいけないと感じています。 

 

ウチの会社は党の影響が大きいせいか、今年は特にコロナ関連の規制が厳しくなっています。

ちっとも収まらないコロナ禍に、中国政府も苛立ちを隠せないといったところでしょうか。

 

私が今できること、すべきことは、家族に再度自衛意識を高めるように注意喚起することと、それなりの心の準備、物資の準備をしておくことですかね。。。

 

皆さまも、どうぞご自愛ください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

役立つ情報盛り沢山!
他の上海ブロガーさん記事はこちらから↓
  • この記事を書いた人

しゃんはいさくら

2005年~上海在住。 現在、夫、日中MIX子ども×2、義母の5人で生活してます。 会社でも家庭でも中国人に揉まれながら、のらりくらりとやってます。

-上海生活あれこれ

© 2020 しゃんはいさくら