中国deおでかけ

車好きにはたまらない!見応えあった上海自動車博物館@安亭

2018-02-06

 

こんにちは、しゃんはいさくらです。

今日は先日友人と出かけて楽しかった上海自動車博物館のご紹介です。私の地元愛知県にはトヨタ博物館がありますが、それを凝縮したような感じでとても楽しめました。

車がなくても地下鉄やバスでも行けるので、駐在ファミリーにもオススメです。

 

上海自動車博物館情報

交通

地下鉄  地下鉄11号線上海汽車城または安亭駅で下車してタクシーまたは徒歩25分

タクシー 市内からタクシーで移動する場合、人民広場から130元程度。

地下鉄→バスを乗り継ぐ場合

① 安亭駅で下車し、嘉定116路に乗り換えて1駅、博園路駅下車。

② 3、4、11号線曹楊路駅で下車、陸安線に乗り換えて1時間程度、博園路駅下車。

③ 2号線淞虹路で下車し、安虹線に乗り換えて1時間半程度、博園路駅下車。

中国では百度地図が便利です。こちらを参考にルート検索してみて下さい。

営業時間と入場料

朝9:00~夕方16:30までで、月曜日は休館日です。

オフィシャルページの情報だと大人60元/人、130cm以下の子どもは無料と書いてあるだけですが、130cm以上の学生チケットもあります。Ctrip(携程)で割引チケットを販売しているので、予めネットで購入をしておいて、現地でプリントアウトするのがオススメです。割引チケットは大人50元/人、学生30元/人で購入できます。

Ctripの自動車博物館チケットページはこちら→

自動車博物館展示あれこれ

館外

この日は外で自動車の試乗ができるイベントをやっていたようです(と後から知った)。私たちは外に珍しい車が展示されているだけだと思っていましたが、館内を見学しているときに車が走っているのを見かけたので、たぶん乗れたはず。私たちが見終わって下に降りた頃には車が片付けられていたので、試乗できず残念でした。

館内

館内は自動車博物館はらせん状に上がりながら参観するレイアウトになっています。

歴史館(1F)

人類がいつごろから車輪を使うようになったのか、その後自動車となってどのように人類に貢献してきたのかが展示されています。

 

1900年代初頭の車や自動車博物館と言えば外せないVWのビートル↓

 

これは1948年製のマサラティー

 

その隣に1969年製のトヨタカローラ。

年代的にはこの車よりもう少し後のカローラかな?実家のアルバムにカローラの前で着物を着た幼少時代の私の写真があるんです。写真の車とこの車がよく似ていたので思わずパチリ。ここで昔のカローラに会えて嬉しかったです。

 

こちらは上海の公共バスの発展を紹介したパネル。1923年に上海の第一号路線、1路(中山公園から魯迅公園まで)が開通したそうです。

80年代の上海。

公共バス問題は政府と市民の関心事となった、と書いてあります。交通渋滞が激しかったのでしょうか?そう言えば90年代の半ばで見た上海も、外灘や淮海路あたりはものすごい渋滞だった記憶があります。信号がうまく整備されてなかったんでしょうか?それとも人があちらこちらを平気で渡るからでしょうか?とにかく、昔の写真は何度見ても飽きないですね。見てて楽しかったです。

 

珍蔵館(2F)

2階にもたくさんの車が展示されています。オールドカーが好きな方には絶対嬉しい展示ばかりです。車だけでなくガソリンスタンドの展示もありました。日本車含め右ハンドル車の展示は少なめです。日本車で右ハンドルの車があったのはさっきのカローラとマツダだけだったかな。写真は撮りませんでしたが、ホンダ車が左ハンドルだったのが不思議でした。日産は展示がありませんでした。トヨタ博物館だとダットサンがたくさん展示されてるんですけどね。中国目線の博物館も面白いですね。

 

探索館(3F)

探索館は子どもが楽しめるフロアになっています。展示の目玉はこちら↓

自動車がどういう構成で組み立てられてるかがひと目でわかるようになっています。安亭には上海汽車や関連の合資メーカー工場があるのですが、これは上海VWのPOLOですかね?こういうの、子どもの興味を引く良い展示だと思います。

 

3Fにはこのほかにミニシアターや体験コーナーがあり、ミニシアターでは未来の車とそれを取り囲む生活がどのようになるのかをシミュレーションしたドラマを見ることができます。中国語ですが、俳優さんたちの演技がしっかりしてたので、言葉がわからなくてもそこそこ楽しめると思います。よろしかったら是非。10時~15時までの1日5回、00分に映像スタートです。

シアターの向かいには予約して入場できる体験コーナーがあります。

下の子がハマったレーシングゲーム。

パズルや歯車の組立ゲームもありました。この体験コーナーは無料です。エリア外には有料の3Dレーシングゲームもあります。

3Fの奥には子ども向けのクイズパネルがあり、子どもたちは1F、2Fの展示よりもここが一番楽しそうでした。比較的空いていたこともあり、待つこともなく自由に遊べたのも良かったです。

 

さくら‘s感想

2007年1月に開館したこの上海自動車博物館。博物館の大きさそのものはそれほどでもないので、展示を見るだけなら2時間くらいで十分な感じですが、ここは周辺一体が大きな公園になっているので、外遊びも兼ねれば1日遊べる場所だと思います。

車好きの方は子連れよりも1人で来て、じっくり見学するのが良さそう。

こちらでも擬似参観ができますので覗いてみて下さい。

上海自動車博物館ホームページ:http://www.shautomuseum.gov.cn/

ホンモノはもっと圧巻ですよ♪

 

 

スポンサーリンク



役立つ情報盛り沢山!
他の上海ブロガーさん記事はこちらから↓
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

しゃんはいさくら

2004年~大連留学を経て、2005年~上海在住。 現在、夫、日中MIX子ども×2、義母の5人で生活してます。 会社でも家庭でも中国人に揉まれながら、のらりくらりとやってます。

-中国deおでかけ

© 2020 しゃんはいさくら