上海生活あれこれ

まさにデパ地下!新しくなったReelがすごい!

2017-12-05

地下鉄2、7号線の静安寺駅に直結している百貨店の1つ、Réel。

中国語では芮欧百货(ruìōubǎihuò)、日本人の間ではリールと呼ばれています。

この百貨店の地下は食品フロアになっていて、パンやケーキ、デザート類のお店があり、帰宅前のおみやげ物色に良く利用していました。

また大きなフードコートがあって、時間を潰したり軽く食事をするのにとても都合が良く、とても重宝する場所でした。

と過去形で書いているのは、しばらく改装工事で地下フロアの大部分が閉まっていたから。先日リニューアルオープンの噂を聞きつけて足を伸ばしてみたら「あら、びっくり!」だったので、今日はRéelレポと上海のショッピングセンターあれこれを書いてみたいと思います。

ますます進化する上海のショッピングセンター

最近の上海のショッピングセンターは昔に比べると格段にシャレオツになりました。

これまではどちらかというと白を基調にした内装デザインで、例えば静安寺の久光(そごう)や古北の高島屋などがそうですが、ここ2、3年の間に新設orリニューアルされたショッピングセンターは暖色系の蛍光灯を使ったちょっと温かみを感じる内装になっています。

私が訪問した中で印象深かったのは、五角場にある百联又一城というショッピングセンター。当時、ここの飲食街を訪れた時は、中国も変わったなぁと思ったものです。

※写真は大衆点評からお借りしました

また又一城と同じ印象を受けたのが徐家汇にある美罗城。

ここもリニューアルしておしゃれ度が格段にUP!変貌のすごさにとても驚きました。

我が家が徐家汇に行く場合はもっぱら美罗城に立ち寄ります。日系のお店もありますし、私の「欲しい」がたくさん揃っています。

ますます高級化する上海のショッピングセンター

新しくリニューアルして内装やお店が綺麗になるのは利用者としてとても嬉しいことですが、一方で平民には痛い面もあります。

それはグレードアップするたびにお店がどんどん高級化すること。

例えば、我が家が今は全く行かなくなってしまった徐家汇の港汇广场ですが、昔は平民が立ち寄るような熱風(Hotwind)や一茶一坐なんてお店があったんです。

若かりし頃、まだ旦那とお付き合いしてた時代は2人で港汇によく行ったものです。

それが今は高級ブランドのお店に入れ替わってしまい、昔懐かしのお店はほとんど残っていません。

新しくなったRéelに潜入!

リニューアルで進化、高級化したのは、今回新しくなったRéelも同じです。

地下鉄7号線側から入った先のこれを見て、まずびっくり!

ナニココ?マエトゼンゼンチガウ!

うわー、デパ地下だー、銘店街だー!

そう、お店のラインナップが全然変わっちゃってて、すごかったんです!

でもさ、、、

前あった丸亀製麺は?フードコートは?

そう、高級感ないお店(失礼)がなくなっちゃってたんです。泣

 

この日私は下の子を連れてミスドを目的にここに寄ったんです。

それがこの結果。。。

※この後、2019年にミスドは中国市場から完全撤退しました。

 

私が次に攻めたいお店

あの日食品フロアをウロウロしてて気になったお店が2つ。

1つは2時過ぎの訪問だったにも関わらず、まだ並んでる人がたくさんいた超人気店と思われるこちらのお店↓

大馥 · 烧肉丼饭(芮欧百货店) 

(dàfù shāoròu  fàn)

→ http://www.dianping.com/shop/91975297

「丼」って日本の漢字だよなーと思いながらピンイン調べたらやっぱり出てこなかったですが。中国語だとああいう丼物は盖浇饭(gài jiāo fàn/ガイジィャオファン)と言います。

その場で焼いてくれたお肉をご飯の上に乗っけて焼き肉丼を作ってくれるお店です。

牛肉、豚肉、鶏肉+温玉による素敵なコラボである歌劇院というどんぶりが88元です。丼物に1500円弱か。食べたいな、でも悩むな。。。

そしてもう1件はローストチキンのお店↓

DODU(芮欧百货店)

→ http://www.dianping.com/shop/96105325

ここはお持ち帰り専門店ですが、ここで買ってアイスクリーム屋さんのとなりにある未開発エリアのカウンターで食べることができます(というか、そうしてる人を見た)。

ローストチキンときのこソテーやじゃがいもたちとの組み合わせがとってもおいしそうでした。

この日は、このチキンをお持ち帰りしようかすごく迷ってて、でも上の子と旦那が夕飯を家で食べない日だったので、結局買わずに帰ってきました。

中国人たちの評価はあまり高くないけど、中国人と私の味覚は違うので、私にはおいしいモノであってほしいです。いつか買って帰りたい(切望)。

上海ワーカーのお昼ごはん代って…

ところでこのRéel地下2階ですが、平日のお昼時間帯はかなり混雑するみたいです。

近所で働くオフィスワーカーたちがここでお昼ご飯を食べてるからなんですが、1ヶ月のお昼ごはん代がすごいことになってそうですね。

10年前、私がまだ虹橋で仕事をしてた頃、お昼ごはんのコストは1日あたり約20元、ちょっと奮発しても50元でとても豪華な定食が食べれた時代でした。

今はラーメン1杯でも30-40元(お店によってはもっと)しますし、定食だと50元は最低ラインのレベルじゃないですか?

さっき紹介した焼肉丼、歌劇院じゃないやつだと68元なんですが、それくらいなら都会のオフィスワーカーにとっては普通の値段なのかも知れません。

68元×20日=1360元≒23000円也。50元で計算したって、1ヶ月あたりの昼食代が17000円になるわけですから、月給との相対的な割合で見ると、上海の都会で働くことはやっぱりコストが掛かって大変だなと思うのでした。

ちなみに、私は今、上海郊外の工場勤務で、お昼ご飯は社食です。

1日あたり12元の補助が出ているので、ランチ代の自己負担額はほぼゼロ。

工場に缶詰にされていてイヤな時もあるけど、我が家の家計にはとってもありがたい会社です。

毎日中華であることは、、、お財布に優しいことの方が大事でしょ!?笑

役立つ情報盛り沢山!
他の上海ブロガーさん記事はこちらから↓
  • この記事を書いた人

しゃんはいさくら

2005年~上海在住。 現在、夫、日中MIX子ども×2、義母の5人で生活してます。 会社でも家庭でも中国人に揉まれながら、のらりくらりとやってます。

-上海生活あれこれ

© 2020 しゃんはいさくら