上海生活あれこれ

初心に帰った外灘&陸家嘴巡り

2018-03-19

 

上海に長期滞在していると何かのきっかけでもない限り、大勢の人でごった返している観光スポットにはなかなか行かなくなります。私にとって外灘はまさにそんな場所。下の子が外灘に行きたがってるのでいつか連れてってあげたいなとは思ってますが、いつのことになるやら。

そんな私ですが、姉妹サイト「中国生活便利帳」でお知らせしているとおり、現在旅行情報サイト「たびこふれ」の中国カテゴリー向けに阿信さんと一緒に上海観光ネタを執筆させて頂いており、その取材の為に先日超久方ぶりに外灘に行ってきました。

今日は久々に歩いた外灘で感じたあれこれを綴ってみたいと思います。

 

外灘基本情報

交通

タクシー

“外滩(wàitān/ワイ4タン1)”と言えば連れて行ってもらえます。詳細の場所を指定したい場合は交差する2つの道路名を伝えると良いです。ただ外灘の周辺道路は駐停車禁止となっている場所が多いので、都合の良い場所に横付けしてもらえるかは微妙です。

地下鉄

2、10号線の南京東路駅が最寄り。2番出口を出て目の前に見える大丸百貨店とForever21の間の道を進んで行くと外灘にたどり着けます。着く場所は散策できるエリアのちょうど中程にあたります。

バスの場合

たくさんのバスが停まります。自分の現在地から百度地図で検索するのがオススメです。百度地図の使い方については便利帳で解説してますのでこちらからどうぞ→ 

シェアサイクルでの移動

周辺道路は自転車走行禁止となっている場所が多いです。とは言え、歩道にたくさん自転車が停まっているところをみると、交通警察の目を盗んでちゃっかり乗ってる人が多いのでしょう。警察と目が合うと確実に捕まりますので、自転車での移動は十分ご注意ください。

 

外灘散策のオススメ時間帯

この取材の前に外灘に行ったのはたぶん2005年の1月に上海上陸したばかりの頃だから、かれこれ10年以上も前のことです。あの日超久々に外灘に行って、なんだか懐かしいような、初めて訪れた場所のような、こそばゆい感覚がありました。取材の日は早朝に外灘に足を踏み入れたのですが、人が少なく、とても爽やかで快適でした。人ごみが苦手な方は朝9時前の散策をオススメします。心が落ち着くし、とてもリフレッシュできます。私は上海に来た当時のことを思い出し、初心に帰ることができました。

どれくらい人が少ないかというとこれくらいです↓

 

写真も建物が朝日で照らされてとてもいい感じに撮れました。(※私の割にはってことね)

 

ちなみに、この日調子に乗ってインスタ始めました。

すごいね、インスタって。ちょっといじくるだけでいい感じに仕上がっちゃうんだもの。インスタの仕組みがまだよく解ってませんが、「shanghaisakura」で検索すると私にヒットするのかしら?まだまだ作品は少ないですが、もし良かったら覗いてみてください。これからもっと練習していい写真が撮れるようになりたいな♪

 

早朝に外灘に行くことのデメリット

で、この日の取材で、自分が相当おバカだったことを改めて知ったのですが、本当の目的は外灘ではなく、浦東のビル群を撮影することだったんです。ですがね、早朝に撮ると、当然ながらこうなるのですね。。。

行って気づいたという。

写真が解らない人ってね、こうなんですよ。こういうことに気づけないの。もし皆さんが外灘の写真と陸家嘴ビル群の両方の写真を撮りたいのであれば、朝もやが晴れて逆光にならない11時以降の訪問がオススメです。(でも人いっぱいだよ。)

 

取材リベンジ

たびこふれに寄稿する記事のテーマ的にやっぱり陸家嘴のビルの写真が欲しいなと思い、後日会社をスルリと抜けられるタイミングを見計らってまた外灘に行ってきました。まさか1ヶ月の間に2回も訪れることになろうとは。人ごみが苦手な私にしては、結構フットワークが軽かったです(自分で言うな)。前回は早朝で撃沈したので、嫌な予感がしつつも午後に行ったら、やっぱり人が多かったです。週末じゃなかったからまだマシだったのかも知れませんが、もうしばらくは外灘はいいや。

天気はよくありませんでしたが、とりあえずこんな写真を残しておき、後は加工・編集のプロ阿信さんにヘルプを頼みました。これを押し付けと言います。(←超迷惑なヤツ。阿信さんヨロピコ)

 

前回の訪問でも気になってたけどコレ↓

もうね、このあたり、監視カメラばっかりです。あらゆる角度から人民チェックしてます( ̄▽ ̄;)

10年前にはこんなになかったと思うんですよねー。だから写真を撮ろうにもちょっと考えないとバッチリ写りこんでしまうのね。皆さまもお気を付けください。

 

陸家嘴のビル3兄弟

この日、外灘へ行く前にビル3兄弟を至近距離で撮りたくて陸家嘴にも寄りました。「ビル3兄弟」と言うのはかつて長期に渡り上海No.1の高さを誇っていた金茂大厦(88階建て)、その後2015年にオープンした日本の森ビルが手がけたことで有名な上海ワールドフィナンシャルセンター(101階建て)、現在世界で第2位の上海中心大厦(118階)のことを指します。この3つのビルは道路を隔てて隣接していて、上海の観光名所の1つになっている場所です。

今にも雨が降りそうなあいにくの空模様で心配でしたが、いちおうこんな写真を収めることができて自己満足(SWFC(左)・上海中心(中)・金茂(右))。

いいの。私は雨女だから降られないだけマシなの。インスタでは加工済みのを載せてます(調子に乗ってます(ノ∀`)テヘ)。

 

陸家嘴の中心で思い出に浸る

思えば陸家嘴も私にとってはいろいろな思い出の詰まる場所の1つ。まだ就職活動をしてたとき、最初に面接を受けた会社さんがここの近くにある証券大厦っていうビルに入居していて。当時陸家嘴では5社くらい面接を受けたかな?でも浦東は全滅で、最後は虹橋にある会社さんに拾ってもらいました。陸家嘴の真ん中でいろんなことがフラッシュバックしてきて、ここでも初心に帰ることができました。

そういえばあの日、浦東の地図が全く頭に入っていない私は大きな勘違いをしていました。ビル3兄弟は東昌路駅を降りて陸家嘴駅の方向に歩いていくとバッチリ撮れると思ってたんです。そしたら、歩けど歩けど金茂が姿を見せず。結局歩いてて判ったのは、素直に陸家嘴駅を降りて東の方向に歩けば良かったってこと。あはは、無駄に歩いてしまいました。ま、いいんですけどね、最近ものすごく肥えてしまったので。いい運動になりました。

 

初心忘るべからず

中国語では、勿忘初衷(wùwàng chūzhōng/ウー4ワン4チュー1チョン1)と言います。10数年に及ぶ中国での生活で私の中身も周りもいろいろな変化がありました。今回久しぶりに外灘と陸家嘴を訪れて良かったです。初心忘るべからず。またいつか早朝の外灘を訪れて心のリセットをしようかなと思います。皆さんも是非。

 

 

スポンサーリンク



役立つ情報盛り沢山!
他の上海ブロガーさん記事はこちらから↓
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

しゃんはいさくら

2004年~大連留学を経て、2005年~上海在住。 現在、夫、日中MIX子ども×2、義母の5人で生活してます。 会社でも家庭でも中国人に揉まれながら、のらりくらりとやってます。

-上海生活あれこれ

© 2020 しゃんはいさくら