日本あれこれ

日本の公道をゴーカートで走るアクティブツアーが訪日外国人旅行客に大人気!

2018-01-12

 

こんにちは、しゃんはいさくらです。「百聞は一見に如かず」ですので、早速微信のモーメンツで送られてきた撮りたてホヤホヤのお写真からお見せしましょう。

これは東京で撮られた写真ですが、今、日本でこんなコンテンツを楽しめる場所があるんですって!

どれどれ、気になりますね。

今日は友人から教えてもらった、外国人旅行客から大人気のゴーカートツアーのご紹介です♪

 

きっかけは投資家からの相談だった

私がこのサービスを知ったのは、上海に住むある実業家の方から、「こんな遊びがあるのを知ってるか?」と聞かれたことがきっかけでした。

海外に住んだことがある方は「日本人=日本のことなら何でも知ってると思われがち」というのを実感されたことがあるかと思いますが、あの日も実業家さんにこのサービスを知っているかと聞かれ、しかもこのコンテンツに投資しようかどうか迷っていると相談されたもんだから、こっちもちゃんと返事しなきゃと思いいろいろと思いを巡らせたのでした。

でも私は当時聞いたこともなかったし、何よりゴーカートで公道を走るなんてムリっしょ!と思ったので、「そんなサービス知らないし、第一日本の状況からして難しいんじゃないの?」と返事していました。

 

投資判断をするために日本へ実地調査に

その後この実業家さんは微信で送られてきた投資話を持ちかけた人からの写真やメッセージを我々夫婦に見せて、どう思うかをまた相談してきました。

このカートの運営には、ちゃんと公道を走る許可を得て、ナンバープレートも付けて、先頭に先導車を付けているとのこと。

私的にはとても驚き&新鮮に感じました。

へぇ、日本でもこんなことができるんだ、と。

「すごく面白いサービスだと思うし、自分もやってみたいと思う」と感想を言ったら、やっぱり現地で実際に見てみて投資判断をしたいと思ったようで、この実業家さんは今日本に実地調査に行っています。

で、送ってきてくれたのが冒頭の写真でした。

 

提供会社は3社

この記事を書くにあたりいろいろ調べていたところ、現在このサービスを提供している会社は3社ほどあるようです。

1つはアキバカート。ホームページを見るまでは、てっきり秋葉原でのみ営業している会社さんだと思っていたら、他にも青森、所沢、横浜、大阪、沖縄でもサービスを展開していました。

2つめの会社は、TOKYO KART。浅草に営業所がある会社さんで、スカイツリー近辺を走れることが魅力のようです。

3つめの会社は、マリカー品川。東京に7店舗と横浜、大阪、沖縄に営業所があります。コスプレが料金オプションについていたのはこの会社さんだけだったので、〇リオカートを思わせる体験できるのはこの会社なのかな?

ただ、衣装は貸出ではなく買い上げシステムになっていますし、他社でも自分で予めコスチュームを買っておいて着用すれば良いので、どの会社さんでも〇リオカート体験が可能です。ゲームキャラクターの服でなくても、メイドさん、アニマル各種など、どの衣装で参加しても大丈夫なようです。

検索エンジンで「東京 マリオカート」などで写真検索すると楽しそうな写真がたくさんヒットしますよ。一度見てみてください。

 

街中を走るゴーカートを写真に収める人たち (百度よりお借りしました)

 

 

まとめ

以上、最近日本で外国人旅行客に人気のアクティブツアーのご紹介でした。

実業家さん情報だと、お客さんの大半は外国人旅行客で、日本人の利用者はそれほど多くないんだとか。

交通公園などに見られる2人乗りのゴーカートを使えば、パパorママ運転+子ども1人を乗せて楽しむことができるので、日本人ファミリーにも喜ばれると思うのですが、どうでしょう?

私の地元、愛知県にはまだ展開されていないサービスなので、今後地方の大都市にも徐々に広がって行くといいですよね。

名古屋であれば、名駅から栄に向かい、久屋大通を南下するコースなんて面白そうだと思うのですが、いかがでしょうか?

私個人的にはとても興味のあるツアーです。一度体験してみたいなぁ。笑

 

 

スポンサーリンク

一時帰国で悩ましいのがネット環境の確保です。日本でWIFIに困ったらこちら↓へお問い合わせを!

日額216円でWiFiルーターをレンタルできる

 

 

スポンサーリンク

役立つ情報盛り沢山!
他の上海ブロガーさん記事はこちらから↓
  • この記事を書いた人

しゃんはいさくら

2004年~大連留学を経て、2005年~上海在住。 現在、夫、日中MIX子ども×2、義母の5人で生活してます。 会社でも家庭でも中国人に揉まれながら、のらりくらりとやってます。

-日本あれこれ

© 2020 しゃんはいさくら