中国グルメ

上海にはおいしいレストランがいっぱい!最近行ったお店あれこれ【2019年・初冬】

2019-11-29

 

こんにちは、しゃんはいさくらです。

先日、スマホの写真を整理していたら外食した時の写真がチラホラ残っていました。せっかくなので当たりだったお店もそうでなかったお店も含めて覚書きとして書いておこうと思います。

こんなカレー初めてかも!?本格熟成カレーが食べられる咖喱博士

オープンして数ヶ月ほど経っているこのお店、どこでどう広まったのか現在「网红店(インターネット()のクチコミや記事で人気に火が付いた()お)」として多くの中国人客で賑っています。

咖喱博士 Dr.Curry

http://www.dianping.com/shop/1819201625

場所は淮海路沿い、10号線の上海図書館駅と交通大学駅の間くらいのところにあります。

私たちはここが网红店だとは知らず、単にウチの旦那が勤める会社の日本人駐在さんからむっちゃ旨いから行ってみて!と強烈にオススメされたので食べに行った次第。

メニューは至ってシンプルで、カレー各種、カレーうどんとドリンクが少々と、トッピングは卵のみ。

我が家は旦那がカレーうどんを、上の子はビーフカレーを、私は下の子とカツカレーをシェアしました。

こちら、下の子とシェアしたカツカレー

 

ここのカレーは味のハーモニーに大きな特徴があります。

まず「甘」が来て、その後に「辛」が来て、しばらく「ちょい痺れ」が続いて、口の全体に旨みが広がる感じ。

こんなカレー、私は初めてです。

残念ながら辛さの程度が選べないので下の子にはちょっとしんどかったようですが、おいしかったと見えて、ごはん9:カレールー1くらいの割合で頑張って食べてました。途中、ごはんが足りなくなって追加したほど。

私は野菜カレーに惹かれたのですが、母たるもの、コスパ、量、子どもが食べれる味かどうかを見極め、できる限り残さないように考えるのが常。

結局、私が子どもが食べたいカツカレーを優先して譲る役を引き受け、旦那はいつもの如く、自分の食べたいものを気兼ねなく、私に味見で分けることもなくあっという間にペロリ。

友人と話してても男の人ってこんな感じな人が多い。

ここで違うオトコを演出できれば株がものすごく上がるんだけどな。ブツブツ・・・

 

ちなみに、大衆点評のクチコミでは「日本人老板」と書いている人もいるんだけど、お店の人の話では、老板(オーナー)は中国人、日本人の方はお店の管理人、あと数人の中国人スタッフでお店を切り盛りしているんだそうです。

日本人監修だからなのか、ここのお店にはカレーに関する日本語の本が何冊か置いてあります。待ち時間に読むのも楽しいので、是非手に取ってみてください。

カレー愛を感じる展示品の数々

  

ビールの飲み比べが楽しかったGOOSE ISLAND BREWHOUSE 鵝鳥精酿啤酒餐厅

輸入博覧会で平日が休みだった日、家族で買い物がてら南京西路に行った際、こちらのお店で食事しました。

GOOSE ISLAND BREWHOUSE 鵝鳥精酿啤酒餐厅

http://www.dianping.com/shop/76998781

シカゴ発のクラフトビールを提供するブルワリー兼レストラン。地下鉄12号線の南京西路を降りてすぐの豊盛里の一角にあります。

ここでビールの醸造もしていて、店内にはこのようにステンレスの大きな樽がいくつか並んでいます。

この日、私は仕事が休みだったけど出勤日を振り替えない会社もあり、お昼のランチタイムが激混みにならないか心配してたのですが、びっくりなことにお客さんは我々を含めて3組のみ。ちょっと拍子抜けでした。

ここにはオススメメニューがありすぎて注文するのにすごく迷ったんですが、この日は牛ステーキとフライドチキン、ソーセージなどのお肉をメインにしました。

ステーキはお塩で食べるのが美味
フライドチキン+ポテトという危険な組み合わせ

お昼だしこの後カフェにも行きたかったので、飲み物はビールセットを2人でシェアしました。子どもはコーラを。普段はあまり炭酸を飲ませないようにしてますが、このメニューにはやっぱりコーラですよね!

そうそう、これだけで十分ジャンクなお食事なんですが、旦那が鼻息を荒くしてここのポテトは絶対オススメだから!と言うので、チキンにポテトが付いてくるのに別のポテトも注文したんでした。

ポテトは以前書いた記事のこともあり、ここ数ヶ月ずっと封印していたのですが、この日はせっかくの外食なので解禁しました。確かにおいしかったけど、それにしても大人2人、子ども2人でこの量は注文しすぎ。ソーセージが食べきれず、ダーパオ(打包/持ち帰り)しました。

この日のビールセットで出てきたのは、中国語で金庙艾尔、十二号线白啤、野鹅IPA、312城市小麦艾尔、鹅鸟IPA、吴江路波特でした。旦那がどれが店内でしか飲めなくて、どれがスーパーでも買えると説明してくれましたが、詳細は忘れちゃいました。

残念ながら私の大好きな黒ビールはこの日はセットに入らず。

いろいろ飲んでみて、私はフルーティーなビールが好きなのかもという新しい発見がありました。。確か金庙艾尔だったと思うんですが、とても飲みやすかったです。

普段コーヒーやお茶の飲み比べを楽しんだりしてるけど、お酒の飲み比べも面白いですね。

 

やっぱり待ってでも虎丸!?Jタウンの競争が熱い!

金虹橋(アピタのあるショッピングセンター)のLG1にあるJタウンの一部のお店、最近またいくつか新しいお店がオープンしましたね。

今一番気になってるのは広島焼きのお店ですが、この日は焼肉が食べたくてこちらへ。

土古里日式烤肉

http://www.dianping.com/shop/125315727

本当は虎丸に行きたかったんだけど、すっごく並んでたのでクチコミの★数が多くてちょっと期待もあったこちらにお邪魔しました。私は知らないけど、東京では有名なお店なんですかね?サイトをみたらいくつか分店があるようでした。

この日はいろいろ注文するのが面倒だったので、大衆点評内にあるクーポンを利用しました。大人2人、子ども2人ではクーポンの4人套餐はちょっと多かったです。

 

セットにはこの写真映えする肉タワーと、

その他前菜、サラダ、ご飯ものなどがあり、いくつか選択肢があります。

 

久々の焼肉でしたが、お肉の質的には満足でした。

また、ここのお店のタレにちょっと工夫がありました。

中に唐辛子の刻んだのが入ってる右の器のモノなんですが、他の焼肉店では食べたことのない味で斬新さを感じました。ただ、私の好きな味とはちょっと違う感じで、やっぱり並んででもあっちが良かったという心残りが出てきちゃいました。

そう言えば最近下の子がいろいろやってくれるようになり、この日は焼き係を担当してくれて大助かりでした。

人が焼いてくれる肉はおいしい。

それが子どもとなると嬉しさも相まってもっとおいしく感じますね。焼くの意外と上手だったし、また近々焼肉行きたいな、なんてね。

○ちゃん、おいしく焼いてくれてありがとうね。

 

斬新!で思い出した北京ダックに付けるアレが新鮮だったこのお店

ちょっと前に行ったレストランなんですが、おいしい北京料理が味わえるこのお店はなかなかでした。

小大董

http://www.dianping.com/shop/112229048

北京ダックで有名な「大董」傘下のレストランです。名前そのまんまの大董の小さい版、大董の子どもとも言われているレストランで、本家より気軽に楽しめるのが売りらしいです。

この日は友人のおごりだったので注文その他は全部おまかせ。

これは前菜を中心とした食事前半部分のほんの一部。

この後、たっくさん料理が来てお腹がはち切れそうでした。

で、ここのオススメはもちろん北京ダックなのですが、このダックの付け合せが新鮮でした。

コレ。↓

生のニンニクのすりおろしです。

単にニンニクだけじゃなくて他にも何か入ってる感じがしたのですが、何なのかは不明。

で、これがダックに合う、合う!

皮、肉、きゅうり、ねぎに味噌とニンニク。

すんごいベストマッチな味で感動しました。へぇ、ダックとニンニクって合うんだ的な。

これまでいろんなレストランで北京ダックを食べてきたけど、今までニンニクのすりおろしと合わせて食べたことがなかったので新しい経験ができて良かったです。

 

前菜で出てきた緑のやつ(凉皮)もおいしかったな。盛り付けもビジュアルに凝った素敵なメニューが多く、人気なのも頷けました。

私たちは友人が個室を予約しててくれましたが、少人数でホールで食事する場合は、オープンと同時に突入するのが良さそう。目下、上海の北京料理人気No.1です(by大衆点評)。

 

浦東ケリーでランチ難民に!ふと入った店が当たりだった件。

この日はある博覧会に参戦すべく会社を抜けた後、まずは腹ごしらえをと思い浦東ケリーでお店を物色した日。

あのあたり、やっぱり平日のお昼は上班族でいっぱいでした。

コスパ良く、手っ取り早く食事がしたい、コスパが良くても長蛇の列に並ぶ時間が惜しいという条件の下、地下のあたりをウロウロしててふと目にとまったのがこちらのお店でした。

松鹤楼苏式汤面(浦东嘉里城店)

http://www.dianping.com/shop/1878467992

松鶴楼って確か外灘にある本帮菜のお店だよね、へぇ、ラーメン専門店を出してたの知らなかった!っていうのが最初の印象。

しばらく蘇州ラーメン食べてないし、並んでいる人が少なかったので、そのまま吸い込まれるように番号札を取りました。

こういうラーメン店だと相席必須なことが多いのですが、ここは2人席をたくさん用意してて、おひとり様の場合でも相席はありませんでした。

お店の人もテキパキ働いてて、クリーンリネスもしっかりしてたし、さすがケリーに入店してるだけの品格はあるなという感じ。

 

で、肝心のお食事ですが、紅湯面にキノコ炒めをぶっかけることにしました。カニ味噌とか上を見たらキリがないトッピングもあるのですが、ラーメンにそこまでお金かけるのはどうもね。。。(ちょっと前に華山路の人気店で100元近くするラーメンでがっかりさせられたし…)

さすが、蘇州面。この見た目、素敵です。自分じゃこんなにきれいにできないからね。

紅湯と甘辛キノコ炒めがすごく合って、久々の蘇州面をしっかり堪能できました。

 

そう言えば、私の隣に若い女の子が座ってたんだけど、なんとトッピングなしで麺だけ食べてました。

私は先にトッピングが運ばれて来て、後に麺が来たんですけど、私と同じタイミングで隣の子にも麺が来て、でもトッピングがなかったんです。

その子は麺が来てもなかなか食べ始めなかったのでトッピング待ちなのかな、だったら店員さんに催促しないと麺が伸びちゃうよ~といらぬ心配をしていたら、そのうち麺だけを黙々と食べ始めて。

結局トッピングなしで、麺と申し訳ない程度に入ってるネギだけで食事を終えてました。

ホントにいらぬお世話なんだけど、おばちゃんはどうしても栄養のバランスが気になっちゃうんですよね。色の白いやせ型の子だったので、余計に気になっちゃって何度もチラ見してしまいました。

さすがに口には出しませんでしたが、あの子、このババア、チラチラ見てきてうぜぇとでも思ってたかな。

でも、もう少しバランスを考えた食事をしようね(まだ言ってる)。

 

下の子の大好物!西貝莜面村の牛シリーズ

上海市内に55店舗構える大型チェーンレストランの「西貝」。我が家のメンバーは羊肉も牛肉も麺食も好きなので、近所のお店を中心に出先でも数え切れないほどこのお店で食事しています。

特にここ最近のメニュー改訂で新しくリリースされた牛大骨肉シリーズが下の子のお気に入りで、出先で何が食べたい?と聞くと高効率で「西貝」と返事が来ます。

ここのお店は番号札を取ったり、通常メニューの注文はスマホで完結できるのですが、牛大骨肉シリーズは実際に肉コーナーに足を運んで、その場で気に入ったお肉を選んで計量する形を取っています。

別々に注文するのは面倒のような気もしますが、ちゃんと自分が納得して指名したお肉を食べる方が安心ですよね。

 

で、この日の注文はこちらのとおり。

食べかけ失礼します。。。

下の子と2人での食事だったので、多くは注文できず。

でも念願の牛骨肉とトマトぶっかけ麺と菜心が食べれて満足だった様子。

いつも牛肉の脂身とかは残す下の子も、ここのお肉はちゃんと食べてました。そんなに好きなのか。

 

ちなみに、この日は注文しなかったけど我が家が必ず注文するのが烤羊棒。ほどよく焼いてあって、肉も柔らかくオススメです。

麺はトマトぶっかけ莜面のほか、酸菜炒莜面も私は好きです。

あと、西北料理店によくある大盘鶏は、個人的にはここで食べるなら他のウィグル料理店のものの方がおいしいかなぁという感じ。

 

ここのお店は注文してから料理を運んでくるまでの時間を25分以内と決めていること、麺の種類がたくさんあり、子どもが食べやすいメニューが豊富なこと、お店によっては麺を作る体験イベントが開かれたりしていることもあり、中国の子どもを持つ親たちから結構高い人気を集めています。

レベルがそこそこ高いレストランチェーンの1つだと思うので、行かれたことない方は是非試してみてください。

 

以上、最近行ったレストラン各店をご紹介しました。

また気になるお店があったらブログで紹介しますね!では!

 

 

スポンサーリンク

役立つ情報盛り沢山!
他の上海ブロガーさん記事はこちらから↓
  • この記事を書いた人

しゃんはいさくら

2004年~大連留学を経て、2005年~上海在住。 現在、夫、日中MIX子ども×2、義母の5人で生活してます。 会社でも家庭でも中国人に揉まれながら、のらりくらりとやってます。

-中国グルメ

© 2020 しゃんはいさくら