上海生活あれこれ

先が見えない… 上海ゼロコロナ政策の行方

 

こんにちは。

上海にお住まいの皆さん、お元気ですか。。。

 

今日もネットスーパーの食品争奪戦に全敗してしまい、ついにそのイライラを家族にぶつけてしまいました。

反省、反省。。。

 

でもね、家族が多いと食品の減りは早いわ、メンバーそれぞれの想いがぶつかるわでいろいろあるんです。

 

今日も我が家の身近で起こったあれこれの記録です。

 

勝ち組負け組が完全に分かれている上海

浦西の郊外区に居を構える我が家、いろんな意味で負け組に属しているような気がします。

 

判断の依拠はいろいろあるのですが、一番大きなマイナス要素は配給が未だ一度も来ていないことですかね。

これは友人たちからも結構驚かれるのですが、我が鎮ではいろんなことが重なって配給品が一度も届いていません。

 

一説によると、当鎮に配給される予定だった物品は先にロックダウンしたにも関わらず配給が遅れている浦東に譲ったという話。

浦東在住の知り合い情報では、配給物資に「〇〇区人民政府」と浦東じゃない区の名前が書かれた紙きれが入っていたとのことで、本当にそうならそれほど腹は立たないのですが、それにしたって2回目の配給を受け取っているエリアがある中で、一度も配給がないというのは、同じルールで税金を納めている上海市民としては許しがたい状況です。

 

あと、鎮で配給が遅れている(されない)もう1つの理由は、当鎮の副鎮長が機転を利かして、そもそも無料で配られるはずの配給品をグループ購入品のリストに入れて、懐を温かくしてた(しようとしてた)と言われているからです。

 

更に頭に来るのは、この人、ある日のニュース発表会で上海市民に対して「当鎮では配給品を配りません」とほざいた人だってこと。

つまり、自分の懐を温めるために配給品を配らないと堂々と宣言してて、彼のやっていることと言ってることはある意味一貫してるワケです。

 

当然、当鎮の住民から相当な怒りを買い、住民たちの団結により彼の周辺情報が調査され、関連情報を紀律部門へ提供し、調査依頼を出したらしいです。

噂では、区だか鎮の紀律委員が調査を開始したという話ですが、果たしてどうなることやら。

 

是非とも噂の真相が解明され、この話が本当なら、厳罰を下して欲しいと切に思います。

 

そして早く配給品を配れ、バカ鎮め。

 

止まらぬ陽性者発覚

先にロックダウンをしている浦東から今でも大量の陽性者が出ていることに先が思いやられるのですが、私が居住する団地でも陽性者が後を絶ちません。

 

人数的にはあまり多くないのですが、今日1人、次の日も1人なんていう出方をされると、隔離の無限ループに陥るような気がしてならない。。。

 

浦西解放の約束の期限が過ぎても何の音沙汰もなしなので、早く何らかの公式発表を出して欲しいところです。

市政府内の連携が全くうまくいっていないように思われ、終わりが全く見えないことに不安を覚えます。

 

ウチの団地内の状況から言うと、陽性者が発覚すると、その人は基本的に当日中に隔離施設への移送が完了してます。

ただし、濃厚接触者にあたる陽性者の同居人が一向に移送されないままで、該当の棟を封鎖するだけになってます。

 

濃厚接触者で陽性になる人が多い中、濃厚接触者も早めの移送が必要なはずなんですが、隔離施設の提供が追い付いてない、移送マンパワーが足りないなどの理由を受け、同居人は家に残されたままです。

これでは団地内の陽性がいつまでたってもゼロにならないんじゃ?

  

今日、PCR検査の帰りにその人の家のベランダを見かけたんですが、マスクが外に干されているのを発見し、あぁ、これじゃ感染は防げないなと思った次第。

不可抗力で感染してる人は少なくないと思うけど(市場での買い物でとか)、感染する理由は必ず存在していて、日頃の消毒を含め、感染防止対策は怠ってはいけないなと改めて思いました。

 

特に、私は家族の食事を作る身なので、なおさら注意が必要です。

 

中国人vs日本人!?

最近、食材利用の考え方が義母と私で大きく違うことが判り、私の大きなストレスになっています。

 

私の中では、我が家の食材は既にレッドラインに入っていると思っていて、節約のためにおかずの品数を1つ減らしたいと思っているのですが、義母はまだコレとアレがあるなどと言って、相変わらず豊富なおかずを用意しようとします。

 

確かに、育ち盛りの子どもがいる中で間違ってはいないんだけど、ここ最近の食料争奪戦で連敗を期している中、あの楽観さに腹が立ち、今日は台所に立つのを拒否し、こうしてブログを書いて仕事をしているフリをしています。

 

義母については、そのほかにもいろいろと頭に来ることがあって、私が定年してからは何とかして別居せねば!と強く思っています。

 

棟の組長だか知らんけど、マンションの入り口で当直しながら、誰かとべちゃくちゃ喋って帰ってくるのを何度も見てるし、今日のPCR検査もなんだか張り切っちゃって、ご近所さんと世間話。。。

自分の行動や行為がリスクそのものだという意識が全く欠けていて、旦那と白目を剥いています。。。

 

嗚呼、文革世代よ!!

頭の構造が違いすぎて付いていけん。

 

 

あ、スミマセン、本音が愚痴が出ちゃいました。

 

 

今の願いは、 

早く配給品が来ますように!

食料争奪戦に勝てますように!

早くロックダウンが終わりますように!

です。

 

では。

 

 

 

 

スポンサーリンク

役立つ情報盛り沢山!
他の上海ブロガーさん記事はこちらから↓
  • この記事を書いた人

しゃんはいさくら

2005年~上海在住。 現在、夫、日中MIX子ども×2、義母の5人で生活してます。 会社でも家庭でも中国人に揉まれながら、のらりくらりとやってます。

-上海生活あれこれ

© 2020 しゃんはいさくら