上海生活あれこれ 中国deおでかけ

【上海ディズニー】アニュアルパスを買うなら今?コロナ後本営業前がチャンス!(8/26追記あり)

2020-07-04

 

こんにちは、しゃんはいさくらです。

コロナ禍の対応に追われているうちに、いつの間にか今年が半分過ぎてしまいましたね。

我が家はまだ完全には以前の生活に戻っていませんが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、日本では7月1日から東京ディズニーランドが営業を再開しました。

上海同様、しばらくは入場者を制限した上での営業となるものの、こうした大きなテーマパークが動き始めたというニュースを読むと、とても前向きな気持ちになりますね。

上海在住のワタクシ、最近上海ディズニーランドのアニュアルパス(以下、年パス)を購入しまして、先日久しぶりに遊びに行ってきました。

今日は私が年パスの購入に至ったきっかけと、コロナ後のディズニーランドの様子をお伝えしたいと思います。

ただいま、入場者制限中

上海ディズニーは日本より一足先に、5月11日から営業を再開しました。

現在、入場者数を制限する為に予約制になっていて、オフィシャルサイトや微信の公式アカウントから氏名、身分証(パスポート)番号、携帯番号を事前に登録しておく必要があります。

今、ディズニーに入場するには、これまでよりも関門が増えてこのようになっています。

  • オフィシャルサイトorアカウントで事前予約
  • 当日にランド近くで検温と健康コードの提示
  • 当日に荷物検査場手前で予約コードの読み取り
  • 荷物検査
  • 入場時にチケットと身分証の提示

サイトで指定日付きのチケットを買えば予約は不要ですが、年パスや日付け指定されていないチケットを持っている人は事前予約が必要です。

 

予約サイトでは、その日から向こう1週間の予約ができます

更新時間は中国時間午後1時で、例えば7月1日の午後1時以降に7月7日までの予約ができることになっています。

 

追記①

8月24日から、入園前の予約制度が変わりました。

パークの最大収容客数がこれまでの30%→50%になり、よっぽど大量の旅客が来場しない限り、基本的に当日入園も可能となりました。

入園に際しては、これまでのように身分情報の登録が必要で、予約時か当日ランド外にあるQRコードを通じて登録することになります。

なお、これまでのように専用サイトでの予約も可能で、向こう1ヶ月の予約ができます。

  

アニュアルパスの種類と入場可能日

上海ディズニーの年パスは3種類あります。

  • ダイヤモンドカード (无限钻石卡)
  • ゴールドカード (奇妙金卡)
  • シルバーカード (发现银卡)

 

ダイヤモンドカードは年間いつでも入場できて、大人3,299元、子ども2,474元です。通常価格で計算すると、7回行けば元が取れることになります。

ゴールドカードは土曜日と夏休みなどの一部期間を除いた年間250日くらいの入場可能日があり、大人1,599元、子ども1,199元です(同、4回)。

シルバーカードは大部分の日曜日に使えるカードで年間45日くらいの入場可能日があり、大人1,299元、子ども974元です(同、3回)。

各カード共に園内のレストランやショップで2割引となる優遇が受けられます。

 

このうち、我が家はゴールドカードを購入しました。

私も子どもも月~金は行けないので、シルバーカードと随分迷ったのですが、平日に私が有給を取れば夏休み中に2~3回くらいは遊びに行けるかなと思い、奮発しました。

おかげさまで、今月のクレカ請求金額が痛いことになっています。笑

 

ちなみに、ディズニーの年パスは無利子で分割払いできます。

家族が多くて複数の年パス購入で突出した支出を抑えたい方は分割払いもオススメですよ♪

 

買うなら今のうち?アフターコロナ対応で年パスの有効期限が…

これは、私の年パスでは実証できていないのですが、ディズニー狂の友人から、

コロナによる営業停止で発生した年パス所持者の権益を守るべく、営業停止期間&制限付き営業期間は年パスの有効期限にカウントしない

との情報をもらいました。

 

友人は去年の11月にシルバーカードを購入していて、これまでは有効期限が2020年の11月某日と表示されていたのが、先日遊びに行った時に、有効期限が2021年6月までに延びていたのだそう。

彼女の話では、アフターコロナ期に買った年パスでも、今後事前予約不要の通常営業に戻った時点で有効期限が確定されるとのこと。つまり、本来の年パス有効期限は365日なのですが、現在は365日+制限付き営業期間となるそうなのです。

 

なので、

「今、年パス買うのは絶対お得だから買いなよ!」

と薦められて購入に踏み切ったという次第。

 

私は今年の6月3日に年パスを買っていて、今の有効期限はルールに則って、2021年6月17日までとなっています。

※足元のルール:年パスの有効期間は365日、購入日から15日後に自動起算し、交換日、初回入園日の影響を受けない。

 

こちらに年パスの有効期限の取り扱いについてのQ&Aのキャプチャーを貼り付けておきますので、ご参考にどうぞ。

※赤字部分に事前予約期間は年パスの有効期間にカウントしない、予約期の入場は特別福利になると書かれています。
 
※今、年パスを買うと、購入日から予約期終了までの日数が順延できる。予約期終了後、有効期限が更新される模様。
 

今後、実際の有効期限がいつになるのか、結果を見るのが楽しみです。

 

追記②

上に書いた8月24日からの予約制度変更に伴い、年パスの有効期限がFIXしました。

私の年パスは9月7日まで有効となりました。

なので、表題に書いた「チャンス!」は、現在もうなくなっています。今後、年パスを購入した場合は、コロナ前のルールで運用されます。

プラスαは付きませんのでご注意ください。

 

年パス交換当日は入園できないことも

以前は行った日にチケット売り場で年パスを購入(要身分証明)してそのまま入場することが可能だったのですが、現在はアフターコロナ対応として、まずはサイトでチケット代金を払って注文書(引換書)をGetした後に、チケット売り場で身分証提示、写真撮影で実際のカードに交換というスタイルを取っています。

公式アカウントの説明では、注文書番号でも予約ができるとのことなので、ルール上は予約した日に交換してそのまま入場することが可能です。

 

但し、友人や私の経験から言うと、週末の当日交換、当日入場はとても難しいです。

なぜかと言うと、今、特に日曜日の予約が非常に取りにくくなっているからです。日曜は全ての年パス所持者の入場可能日なので、人が集中しやすいんでしょうね。

 

なので、私からの提案としては、一度ディズニーまで足を運んでチケットに交換しておいてから、入園予約をしてはどうかな?と。

年パスとアプリとの紐付け作業やしっかり楽しむための事前準備から考えてもその方が合理的なように思います。

今は夏休みに入りましたし、今後は平日でも予約が取りにくくなる可能性があるので、もし行く予定があるなら、早期購入、早期交換が良いと思います。

 

食品持ち込み規制が緩まった印象

我が家が初めて上海ディズニーに行ったのは正式開業前のプレオープンの時だったので、現場が混乱していた印象が強いのですが、今回のディズニー訪問は、人数が抑えられていたこと、キャストたちが運営に手馴れていたこともあり、以前よりも楽しく遊ぶことができました。

 

久々の訪問で事情がよく判らず、荷物を最小限に抑えて行ったのですが、地下鉄のディズニー駅にあるコンビニやパン屋さんの食品は、基本的にほぼ園内に持ち込めるとのこと。

たぶん、現在園内の一部レストランやスナック屋台が営業しておらず、食事がやや不便なことからこういう対応をしているのだと思いますが、荷物検査は以前より緩くなったと感じました。

 

鋭利な物やニオイの強い食品(ドリアンなど)を持ってなければ、基本的にすんなり通れます。

 

園の運営は「その時の状況次第」

我が家が行った日は残念ながら雨が降ったり止んだりのお天気でした。

雨が降ると多くのアトラクションがストップするので、今回はお天気に振り回された感じです。

 

例えば子どもが大好きな「7人の小人コースター」を例に取ると、私たちが入園した時点では雨が降っていて「暫停開放」との表示でした。

その後、別のアトラクションで遊んでいる間に雨が上がるも、アプリの表示はなお停止中。近くにいたので、ジェットコースターの所に寄って係の人に聞いても「未定」との返事。

 

仕方がないのでこの日は諦めて別のエリアに移動して遊ぶことにして、そのエリアで次は何で遊ぼうかとアプリを開いたら、ジェットコースターの待ち時間が20分と表示されているのを発見。

このチャンスを逃すまいと子どもと小走りで現場に直行。現場に着いたら待ち時間が50分に変わってました。

列は長く感じますが、前の人との距離を取って並ぶように再三言われるので、実際の待ち人数はそれほど多くなく、時間も30分ちょいで乗れました。

 

園内で遊ぶ時にアプリをしょっちゅう使うのでその度にジェットコースターの待ち時間を見るのですが(できれば2回乗りたいので)、この日は最大で105分の待ち時間がありました。

時には見慣れない「须预先领取预约等候卡」との表示も出ていて(カードがないと並べない?)、2回乗るのは諦めました。

 

予約カードって何?

初めて見たこの「预约等候卡(予約カード)」

APPで説明はあるものの、遊びに行った当日は1日遊んでいても運用のされかたがイマイチ理解できませんでした。

 

不明点の1つは、必要な時と必要でない時があって(アプリで表示が出たり消えたりする)、その基準がよく判らないこと。

もう1つは発行枚数が少ないせいなのか、それとも毎時00分にしか発行されないせいなのか、はたまた発行されても秒殺で無くなるせいなのか、とにかく一度も予約が取れず、果たして本当に運用されているのかが判らなかったこと。

 

日によってゲストの数や天候が違うから仕方ないんですけど、このあたりの運営がもう少しゲストに解りやすいものになるといいなと思います。 

どなたか攻略をお持ちの方はコメント下さると嬉しいです♪

 

ちなみに、通常営業時に運用していたファストパス制度ですが、私が行った日はファストパスの機械はカバーが被されていました。

今はディズニーエンジョイカード(迪士尼尊享卡)というそれなりのお値段がする有料カードがあって、それを持っているとファストパスのように優先的に乗れることになっています。

3つのアトラクションが乗れるエンジョイカードが180元/人です。

ただ、エンジョイカードを持っていても雨でアトラクションそのものが動いていないと意味がないので、私たちが行った日はもったいない気がして結局買いませんでした。

 

天気の影響回避(安全確保)と人の密集を防ぐ為に結構流動的な運営になっているので、一日チケットでその日に勝負を賭ける場合は運と戦略が必要だなと思いました。

 

その他気になったこと

劇場再開

制限付き営業が始まった当初は、密閉空間になるアトラクションは開いていないと聞いていたのですが、私が行った日は一度見てみたいと思っていたアナ雪劇場が再開していました。

ただ、雨の日だと屋根のあるアトラクションにどうしても人が集まってしまうので、午後1時半に行った時点で3時45分の開演しか見れない(実質他のアトラクションの待ち時間より長くなる)ことが判明し、次回に持ち越すことにしました。

この点、年パスを持っていると次も来れるからいいやと思えるので気持ちがラクです。

 

飲食関連

友人談では、飲用水の供給も再開してたし(友人はアフターコロナ2回目、初回はお水の供給なし)、徐々に通常営業に戻りつつある感じがしたとのことでした。

ただ、一部開いていないスナック屋台がありました。ポップコーンは絶対子どもにねだられると覚悟していたのですが、あの日はポップコーンの香りすらせず、子どもの目に入ることなく、買わずに済みました。笑

雨だったせいもありますが、アイスの屋台も少なかったし、通りの賑わいはちょっと控えめな感じがしました。

 

マスクの着用

室内アトラクションやショップなどはマスクの着用を促されます。

私たちが行った日はルールを無視しがちな年代の人、民度の低めな人たちが少なく、若い人、子連れの人が多くを占めていて、このあたりの人たちは衛生に比較的敏感で、マナーやエチケットもきちんとしているので、安心・快適に遊ぶことができました。

あまり悪口は書きたくないですが、外地の人の一部はその辺で子どもに用を足させたりする人がまだいるので、そういう意味では人数制限をしていてくれた方が、ゲストの質が高かったりして…!?

 

ランダムなパレード

私が行った日は突然の暴雨があったこともあり、パレードを見ることはできませんでした。その日のパレードは午前に1回あっただけみたいです。

他のお客さんの会話を聞いた感じでは、パレードで出ていた車はたったの2台で、かなり規模の小さなものだった模様。

 

今は時間もランダムで、アプリで通知が来たのは見ましたが、なるべく人を集めないために、オンラインで鑑賞できるような工夫もされています。

この日は路面が濡れていてダンサーが踊れるような状況になかったので、パレードは早々に諦めていたのですが、車がたったの2台とは、ちょっと規模を絞りすぎなような。

次に行ったときにはそこそこの規模があるパレードが見れるといいなと思っています。

 

合羽持参がオススメ

私たちが行った日は天候が悪かったので予め合羽持参で行きましたが、濡れるアトラクションに乗る予定がある方は天気に関わらず合羽を準備しておくことをオススメします。

今回私たちが遊んだ雷鳴山漂流(ロアリング・ラピッド)では、並ぶ所で合羽(1つ10元)が買えるのですが、着用していた人の姿を見るに、丈が短くてカバー力がイマイチだと感じました。

そこそこ濡れますが、夏ならすぐ乾くかも
 

使い捨て合羽は多少かさばりますが、重いものではないので、濡れたくない人はある程度丈があるものを持参した方が良いように思います。

 

以前ハッピーバレーに行った時は、園内の合羽がとても理にかなった作りになっていたので、ブログでも園内での購入をオススメしましたが、ディズニーで売られてる使い捨て合羽は個人的にオススメしません。

 

上海在住の方に年パスは本当にオススメ♪

今年はコロナウイルスの影響がまだ色濃く残っており、しばらくはこれまでと違う日々を送ることになりそうです。

我が家は、一時帰国できない、海外にも遊びに行けないなら、近いのになかなか行くことがなかった上海ディズニーを楽しもうと頭を切り替えて、年パスの購入に至りました。

 

上でも書きましたが、アニュアルパスには飲食、ショップでのお買い物が8掛けになる優遇がありますし、入場制限期間中は年パスの有効期間にカウントされないので、買うなら今がチャンスだと思います。皆さまもこの機会に検討されてみてはいかがでしょうか?

※私とリアルなお付き合いがある方、微信で年パス購入の招待ページが送れるので、お声をかけてね。 

 

また、ディズニーのアトラクションでは刺激的に物足りない方は、ハッピーバレーの年パスもオススメです!

隣接のプールもオープンしましたし、コロナ期の今、いっそのこと上海で遊び尽くしちゃいましょう!

 

では、皆さま、素敵な夏休みを!

 

 

スポンサーリンク



役立つ情報盛り沢山!
他の上海ブロガーさん記事はこちらから↓
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

しゃんはいさくら

2004年~大連留学を経て、2005年~上海在住。 現在、夫、日中MIX子ども×2、義母の5人で生活してます。 会社でも家庭でも中国人に揉まれながら、のらりくらりとやってます。

-上海生活あれこれ, 中国deおでかけ

© 2020 しゃんはいさくら