上海生活あれこれ

【2018年冬】最近の中国銀行事情について

2018-12-01

最近の中国では外国人の銀行口座管理が以前より厳しくなっていることを皆さんご存知のことと思います。

今日は中国の銀行事情あれこれについて私の経験をまとめてみました。

現在の銀行口座新規開設は長期滞在が前提

以前こちらのブログで中国で働く人の工作許可証と居留許可の手続きについてまとめましたが、

新しく日本から駐在員として長期派遣される場合、Zビザを取得して入境した後、工作許可証を申請・取得し(営業日換算で10日必要)、その後さらに居留許可を取得することになります(ルール上は営業日換算で15日以内に発行、上海は7~8営業日程度で発行)。

土日を挟むので中国に入国してから居留許可が貼られたパスポートが戻ってくるまでに約1ヶ月程度かかるのですが、その間、外国人は銀行口座を開設することができません。現在は、長期滞在が前提の居留許可を取得しないと口座開設できなくなっています。

以前はZビザがあれば作れた銀行も居留許可に切り替えてからでないと作れなくなっていますし、外国人が多く住むエリアで比較的作りやすかった銀行でも駐在員妻単独での口座開設ができなくなるなど、外国人の銀行口座開設のハードルがますます高くなりました。

 

駐在したての数ヶ月は資金難に!?

駐在員の給与支給形態は様々ですが、一部は日本の口座に、一部は中国の口座に振り込まれる仕組みの会社が多いと思います。ここで問題となるのが、居留許可を取得するまでの約1ヶ月間、銀行口座が開設できないために、赴任初月に中国で受け取る給与の振込先がない!という事態になることです。

従って新しく赴任される場合は、現金を多めに持ってくる必要があります。銀聯カードを予め作っておくと安心ですが、現在の大都市では電子マネー決済が普及しすぎて、カード読み取り機を外してしまったお店がちらほらあるので注意が必要です(大手デパートやスーパーはまだ大丈夫です)。

国際カードの場合はVISAやMaster付帯のカードが良いです。JCBやアメックスは使えるお店が限られます。

※姉妹サイトでも関連情報を掲載しています。ご参考ください。

 

中国の銀行でマイナンバーが必要?

さて、話が変わりますが、先般、中国銀行からこんなショートメッセージが届きました。

非居住民の税関連情報調査のため、90日以内に声明を出して下さいという内容です。

何のこっちゃ!?と意味が解らなかったので、オフィシャルサイトの告知を確認したところ、こんな情報が掲載されていました。

『非居住民金融口座の税金関連調査管理弁法』とでも訳せばよいでしょうか、中国以外の税収居住民の身分を持っている人、つまり外国で納税義務のある収入がある人は12月31日までに銀行に関連の声明を出す必要があるんですって。

こういう管理弁法が出されて対応しなければいけないのは理解できますが、このメッセージが中国銀行からしか来なかったことと、私は中国で居留許可を持っている長期滞在者なのにどうして非居住民と思われているのかが疑問だったので、念のため窓口に出向いて声明を出すことにしました。

 

読者さまからのコメントを思い出す

以前、こちらの記事(→)を書いたときに読者さまからこんなコメントを頂いていたことを思い出しました。

あぁ、ついに私もマイナンバーの登録を要求されたってことですよね。

私は日本を離れてまもなく15年になりますが、住民票を抜いて来ているのでマイナンバーをもらったことがありません。

銀行によっては登録に手こずるようですが、果たしてどの窓口に行くのが良いのか?外国人慣れした都会の中国銀行がいいか、外国人が来るだけであたふたする近所の中国銀行がいいか。迷った挙句、結局近所の窓口で手続きすることにしました。

 

窓口にて

もらったショートメッセージを窓口の人に見せて、「こんなメッセージをもらいましたが、どうすればいいですか?」と聞くと、「あぁ、これね。はい、わかりました。」と言って登録作業に取り掛かってくれました。

参考までに、申告に必要な情報はこんな内容です。

金融機関それぞれに専用用紙があって、それに記入させられます。

ただ、住所を書かされる割には証明するものまでは求められず、出生地の住所も書いてくださいと言われたけど国と都市名だけで良かったし、意外とルーズな感じです。

 

「納税人識別号」で中国の納税番号を提示してみた

いつマイナンバーを出せと言われるのかと思いながら、言われるがままパスポートを提示したり質問に答えたりしてましたが、いよいよ「納税者識別号は?」と聞かれたので念のために持参していた中国の完税証明を出してみました。これを出せば「非居住民」じゃないことを証明できるかなと思ったので。

ところが、やはり「中国の納税者番号じゃなくて日本の番号を出して下さい。」と返ってきたので、

「私は日本で納税していないので番号はありません。」と答えたら、

『日本で働いていない』から納税番号を取得できないと登録していいですか?」と。

どういう理由であれ、納税番号がなくて登録できないのは確かなので、「好的」と答えてそのとおり登録してもらうことにしました。

登録後に返ってきた紙を見たら、このように書かれていました。

無事登録が済みました。と思ったら・・・

 

大失敗!身分種別が変わってなかった!

残念なことに、この記事を書いている今、書類の確認不足が発覚しました。

ここ、「个人税收居民身份类型」が「2:仅为非居民」のままになってるー

私の状況なら「1:仅为中国税收居民」としなきゃいけなかったのにー!!

銀行の登録作業、特に中国銀行はとっても時間がかかるので、しばらくはこのまま放っておいて、また何かの用事で窓口に行かなきゃいけない状況になったらついでに変更作業をお願いしようかと思ってますが、せっかく時間を割いて銀行に行ったのに、最後の最後で確認を怠ってしまいました。むっちゃ悔しいです。。。

 

追記

読者の方から有意義なコメントを頂きました。

この手続き、外国人は納税者であっても「2:仅为非居民」となるそうです。きいさんのコメントのおかげでムダに銀行に行かなくて良くなりました。ありがとうございます。

 

銀聯付帯カードのご準備を

読者さまからのコメントによると、駐在直後はやはり資金難に陥りやすいとのことです。

現在、赴任から銀行口座開設ができるまで1ヶ月ほど必要ですし、日本からの現金持ち込み限度額を考慮すると、赴任前に何らかの準備をしておくのが望ましいでしょう。

例えば、中国へ行く方向けに銀聯付帯のプリペイドカードがありますので、そちらのご利用を検討されてはいかがでしょうか?

プリペイドカードなら審査不要なので作りやすいと思います。

 

海外専用プリペイドカード

 

VISAではなく「銀聯」を選択してプリペイドカードを作って下さいね。

 

以上、最近の中国の銀行事情について、私の経験を書いてみました。どなたかのご参考になれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク



役立つ情報盛り沢山!
他の上海ブロガーさん記事はこちらから↓
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

しゃんはいさくら

2004年~大連留学を経て、2005年~上海在住。 現在、夫、日中MIX子ども×2、義母の5人で生活してます。 会社でも家庭でも中国人に揉まれながら、のらりくらりとやってます。

-上海生活あれこれ

© 2020 しゃんはいさくら